クレアチニンを下げる食事療法はサプリメントより大事です!

食事で摂取したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になる為、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必要不可欠です。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓でろ過されたアト他の老廃物共々、尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中にふくまれるすべての水分が該当します。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量を元に医師が決定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な制限はしてはいけません。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。優れた効き目が出た際には、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられるようになります。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に実行できる一番の治療行為です。肉や魚その他卵や豆腐はとってもな量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにして下さい。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多くふくまれています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が含有されています。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにして下さい。腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿と一緒に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを体内に供給し続ける事が求められます。お世話になってるサイト>>>>>クレアチニン 下げる 食事