クレアチニンを下げるにはサプリではなく食事療法

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に居座り続けることはありないのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしてください。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30~40gとなります。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウム摂取を減らす必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)は、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)を常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を造り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体にとって大切なはたらきをしています。 腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。ご飯をして摂り入れ立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿と伴に体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけないのです。肉・魚・卵・豆腐に関してはナカナカのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質がふくまれます。CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大切です。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするといいでしょう。ご飯療法については、栄養士に教えてもらいながら具体的に応用したご飯を創ることも可能です。仮に開業医さんにご飯指導を受け付けてもらえなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのであるなら、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病を患った方が行うご飯療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。透析導入前の保存期の方であるなら、ご飯療法を元に腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は必要不可欠です。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。お世話になってるサイト⇒クレアチニン下げる