クレアチニンを下げるには食事療法が必要です

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になりますからす。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、逆に長期にかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになりますからす。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになりますからす。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。食事療法については、栄養士に教えて貰いながらさまざまな工夫についてしることが出来るのです。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっているのです。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、毎日の食事や生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)習慣を改めることの方が大切です。 多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることが出来るのです。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が多くふくまれます。これらのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を含んだ食品以外でも、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)制限が必要な方用に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓は糸球体という小さな血管があまた密集している場所でもあります。腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。日常の食生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなるわけですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、体内へのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)や食塩の摂取量を理解することが出来るのです。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送ることが出来るのです。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず無自覚なものもあるために、予防がナカナカ難しいのも現実です。尿に違和感があった際には、医療機関(医師や歯科医師が治療を行う施設のことをいいますね)を受診しましょう。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白のおよそ半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見受けます。参考:クレアチニン 下げる