子育て

国の行う子育て支援政策には何があるのか

質問

いま子育て頑張っています。私がどうこう言ってもしょうがないのですが、日本の子育てについての政策って本当に私たちのことを考えているのでしょうか。子供手当ても言われていたほど貰えないし、箱物と呼ばれる無駄遣いはいっぱいあるのに保育所はぜんぜん足りない。何か成功した政策ってあるのでしょうか。

回答

子育て中のストレス発散に政治談議でしょうか。私は子育てに関する政策で成功したものを見た事がありません。現在の政策は要するに少子化対策ですが、現に少子化は依然として進行中ですのでこれ等の政策はうまく行っていないということですよね。少子化は今始まったことではなくて、もうだいぶ前から叫ばれていたにもかかわらず、何をしていたのでしょうかね。

先ず言えることは、従来、教育問題や子育ては政策の課題にはなりにくかったと言うことです。もっと予算が取れて、巨額の利権が発生するような華やかな政策のほうが政治家にもありがたいし万人受けもして票になりやすかったのでしょう。対して教育問題や子育ては、目立たず票になりにくかったと言うわけです。したがって少ない予算の中で、官僚が考えた現場とかけ離れたような政策が実施され実効性も上げられず、ずるずると少子化が進行してしまったと言うことです。

現在少しだけ評価できるのは、旦那さんも参加できる育児休業制度ではないでしょうか。まだ不満な部分がありますが、イクメンという言葉が出来るほど男性の子育て参加が認知されて来たことは評価できそうです。この制度のおかげで、企業の子育てに対する考え方にも微妙な変化が現れてきましたし、それなりの制度を作って社員の子育てを支援するケースも出てきています。ただまだ始まったばかりなのでやはり実効性に乏しく空回りしているものが多いのも事実です。いろいろな意見を出して充実していってほしいと思います。

次に、子供手当てについてですが、金額は半分だし、今にも制度自体が崩壊するのではないかと思えるほど政治は混乱しているので、今後のことすら語ることが出来ませんよね。早く安定した政策が取られることを祈ります。

今後の政策に期待することを纏めておきますが、まずは育児休業の期間延長と休業中の給与の満額補償でしょう。これだけでもかなり安心して子供が生めるようになると思います。次に子供手当てですが、所得制限はしかたがありませんから、早く制度を安定させてほしいものです。今の形が良いのか、児童手当に戻すのかどっちでも良いので、将来利用できるのか否か判断できるようにしてほしいものです。


このページの先頭へ